社風をチェック!外資系にはさまざまなタイプがある!


語学が苦手!それでも外資系に転職できる!

外資系企業といえば、語学堪能な人がたくさんいて、外国人社員と肩をならべて働いているイメージを持つかもしれません。しかし、会社によってはそのような雰囲気をほとんど感じない部署もありますよ。たとえば、保険会社やサービス業の会社などは、国内のお客様向けの業務を行っている部署なども多いため、語学がほとんど必要のない仕事を見つけることも可能です。語学が苦手だからと、外資系企業に転職するのをためらっている人は、それほど心配しなくても大丈夫でしょう。

組織の変更が頻繁にある!

外資系企業に転職して、仕事に慣れてきたと思った矢先に突然の組織変更や人事異動が行われる社風の会社もあるので注意が必要です。語学が苦手なのに、いきなり上司が日本語が話せない外国人になる、という可能性もありますよ。日本で営業している歴史が長い会社であっても、本社が合併・吸収されてしまえば、とたんに社風が変わることもあるでしょう。そのため、組織変更がいつ発生しても大丈夫にしておくために、転職後は語学のスキルアップはしておいたほうが安心ですよ。

外資系に転職するときは、しっかり調査して選ぼう!

外資系企業は、本社が日本以外にあるため、どうしても本社の意向が大きく働くことがあります。そのため、想像をしなかったような異動や組織変更が起こりやすい場合があります。事前に社風や歴史などの調査をして納得したうえで転職しましょう。もちろん、日本企業に転職したとしても、合併や買収で突然外資系企業になることもあるので、外資系企業だからといってなにか特別だ、ということはありませんよね。

外資系求人は国際的な業務が多いので英語などの語学力が問われるイメージがあります。実際は語学力以上に、価値観や思考が異なる人と友好的な関係が構築できるコミュニケーション能力が重視されています。