意外と知らないことが多いタクシードライバーの仕事


運転が好きなだけでは続かない?

運転が好きという理由で、タクシードライバーの仕事に興味を持っている人も多いと思います。ただ、運転が好きという理由だけでは続けることが難しい仕事でもあります。そこで今回は、タクシードライバーという仕事について詳しく紹介します。

休みが多いタクシードライバーの仕事

タクシードライバーは長時間労働で休みも少ないなどというイメージがあるかもしれませんが、実際はその逆で休みが多い仕事の一つでもあります。昼日勤・夜日勤以外に1日おきに勤務する隔日勤務という独特な勤務形態もありますが、隔日勤務は丸1日働けば翌日休みという働き方になり他の仕事に比べ休みを多く取ることができます。とは言え、隔日勤務は勤務時間が約20時間と長時間運転することになるので、腰痛気味の人などは注意が必要です。腰痛気味でなくても足腰に負担や疲労が溜まりやすい仕事なので、健康には十分気をつける必要があります。

タクシードライバーになるには

タクシードライバーの求人の探し方は、公共の職業安定所や就職・転職支援サービス、求人誌を活用するなど様々な方法があります。職業安定所や就職・転職支援サービスでは、面接のアポイントを取ってもらうこともできます。ただタクシードライバーとして働くにはどのような資格が必要なのか、資格取得のサポートは受けられるのかという点について事前に確認しておくことも必要です。また会社によっては入社祝い金を支給しているところもあります。そのため応募の前に給与体系や労働条件、祝金が出るのかなども確認しておくと安心です。

ドライバーの求人は高額な賃金を謳うことが多い一方、拘束時間を具体的に決めていないケースが存在します。業務の性質上、長時間拘束になりやすいので給与計算の内訳の確認は不可欠です。