プラントの施工管理の仕事はどんな人材が必要とされているのか?


機械工学の専門知識や技術を持つ人が重宝されている

プラント施工管理の仕事は、食品工場や化学工場、部品工場など様々な工場の設計や運用に関わるため、機械工学に関する専門知識や技術を持つ人が重宝される傾向があります。特に、理系の大学や大学院で専門分野を修めた人や、大規模の生産工場の現場監督を担当したことがある人は、多くのメーカーにとって不可欠な人材となっています。そうした中、プラント施工管理の求人に応募をする際は、入社後に主に担当することになるプラントの生産設備の特徴について予め確認したり、仕事上で必要となるスキルを把握したりすることが大切です。また、プラントの規模の大きさによって、担当する業務内容や役割が異なるため、慎重に自分のキャリアに合う職場を探しましょう。

海外のメーカーや工場の経験がある人は高待遇で働ける

プラント施工管理を担当するエンジニアの待遇は勤務先によりますが、海外のメーカーや工場での経験がある人は、安定収入を得やすい状況となっています。たとえば、外資系のメーカーや、海外に多数の生産拠点があるメーカーにおいては、施工管理に関する専門スキルだけでなく、語学やコミュニケーション能力が高いエンジニアの募集が活発に行われています。そこで、海外でのキャリアを生かしたい人は、国内外で様々な現場の施工管理を担当できるところや、キャリア支援がしっかりと行われているところを就職先の候補に選ぶのがおすすめです。また、長く同じ企業でエンジニアとして働きたい人は、就職面接を受ける前に海外勤務の可能性についても確認を取ることも大切です。

プラントの施工管理は、工場の新築や改修に伴う工事について管理する業務です。規模の大きなプラント施工の管理では、高度な管理能力が求められます。